NEWS新着情報

アレルギー性結膜炎にはあの油?

スタッフブログ
2018.12.18

皆さまこんにちは。

担当の佐藤です。

今回はアレルギー性結膜炎についてお話しいたします。

日本ではスギやヒノキ、またはそれ以外の花粉によるアレルギー性結膜炎を発症している人が50%程度いると言われています。

 

私もその一人で、普段からコンタクトレンズを常用していることもあり、私のように目のトラブルを抱えている人は少なくないと思います。

眼科の先生には、また来たね、いつもの出しておくよ!と覚えていただくほど…。

 

そんなみなさんに朗報です。それは、、、

今話題の”オメガ3”の油を摂取することで、結膜炎を発症しにくくなるのです。

炎症を抑えてくれる機能は以前から有名ですが、結膜炎にも効果があることが改めて分かりました。

(※順天堂大学大学院生化学・細胞機能制御学教授の横溝岳彦氏らの研究グループによる、ω-3脂肪酸の摂取がアレルギー性結膜炎を改善させるメカニズムについて検討。)

 

オメガ3とは、DHA・EPA、α-リノレン酸のことですが、

これらを多く含む食材は、青魚・亜麻仁油・エゴマ油・チアシードなどなど。

加熱したり、揚げたりすると摂取できる量はぐんと減りますので、生で食べるか、サラダなどに油をかけて食べることをおすすめします。

 

 

 

一生物の目を少しでもいい状態で保てて過ごせるよう、食事にも気をつけたいですね^^

 

佐藤