NEWS新着情報

インフルエンザ、来てます!

スタッフブログ
2019.01.13

 

 

みなさんこんにちは。

本日担当の佐藤です。

 

さて、巷ではインフル、インフル、と騒がれておりますが

全国的に本格的な流行となってまいりました。

厚生労働省の発表によると、流行期に入ったインフルエンザの患者数が注意報レベルを超えたそうです!(昨シーズンより1週間ほど遅いそうです。)

都道府県別では、北海道、愛知県、岐阜県が多く、今後も増加が予想されています。

 

 

 

ここでインフルエンザのお勉強です!

 

インフルエンザとは、突然現れる高熱・頭痛・関節痛・筋肉痛など全身の症状が強いのが特徴で、喉の痛み・鼻汁・咳などの症状もみられます。

インフルエンザウイルスは大きく分けて、A型・B型・C型に分類され、

A型は144種類、B型は2種類にまで細分化されます。

このうち、大きな流行の原因になるのがA型とB型です。

(A型にかかった後にB型にかかった…という方もいるのではないでしょうか?)

 

 

 

厚生労働省に掲載せれていた『インフルエンザへの対応』を上記に載せましたので、

ぜひ参考になさってみてくださいね!!

 

そして、きのこで有名な「ホクト株式会社」さんで発表された興味深い研究結果をご紹介いたします。

マウスの実験ですが、感染前(7日間)と感染後(9日間)にホンシメジ・ブナピー・ブナシメジを食べさせたあとの生存率を比較したところ、

・インフルエンザ感染後の生存率の低下が抑制(=生存率UP!)

・インフルエンザ感染5日後の体重の減少が抑制(=体の虚弱が抑えられた!)

・インフルエンザ感染後9日後の生存率の低下が抑制(=きのこで長生き!)

という結果となりました。

きのこは古くから漢方としても使われているものもありますね。

そして何と言っても、不溶性食物繊維が豊富です。

腸の中で水分を引き込んで蠕動運動を刺激し、便秘予防に最適。

ぜひ毎日食べてあげてくださいね。

 

みなさまの健康を、陰ながら応援しております^^

 

佐藤